コーポレートクロニクル

プロのアルミニウム合金精密機械加工
さまざまな課題に直面し、実用的な経営の概念を実行することによってのみ、私たちはしっかりと立ち、風と波に乗り、サプライヤーや顧客との良好な協力関係を確立し、業界で高い評判を維持し、もたらすことができると信じています名誉と従業員への帰属意識。同社の内部管理は着実かつ堅実であり、ISO9001およびIATF16949品質管理システムの導入、完全なシステム、および継続的な成長を追求するためのリソースへの継続的な投資、およびプロセスと生産能力は年々改善されています。サービスの範囲は国際的に拡大されており、欧米のお客様と密接に連携し、世界のペースを維持し、優れた品質で高い評価を築き、より高い目標に向かって一歩一歩発展し続けています。
1986
松山工業株式会社は、テニスラケット金型や射出成形金型の製造から始まった金型工場でした。
1992
金型加工でのこれまでの蓄積された経験をもとに、金属精密加工業界に専念し、社名を松山工業株式会社に変更した産業変革。開発の初期段階では、同社はオートバイのエンジンシェルと芝刈り機のシリンダーの処理に重点を置いていました。
2000
より包括的なサービスをお客様に提供するために、独自の電気めっきおよび表面処理事業を展開してください。
2005
顧客の需要の高まりに伴い、新しい工場や機械を購入し、企業資源を統合して内部管理を強化するための管理システムを導入しました。
2009
市場の需要動向が変化し、電気めっき事業は、顧客のニーズに応えて業界を発展させるために陽極酸化処理に移行しました。
2011
検査効率と検査結果を向上させるために、ミツトヨ3Dプロジェクターを購入しました。
2017
測定精度と効率を大幅に向上させるため、日本のミツトヨ三次元測定ベッドを購入しました。
2018
Songzan Industrialの管理システム、製品品質、および環境ポリシーは国際的に認められており、IATF 16949、ISO 9001、およびISO14001の認証に合格しています。
2020
2020年台中市ゴールデンハンド賞を受賞し、経営力が高く評価されています
これまでのところ
松山産業は進歩と成長を続け、最高のリソースと態度で最高の製品とサービスを顧客に提供しています。
今後の見通し
ロボットアームや5軸加工機などの新機や新技術の導入を継続し、加工能力を向上させ、お客様により良いサービスを提供していきます。
  • 首頁
  • コーポレートクロニクル